たけのこ (筍) 料理の店 京都 うお嘉

〒610-1121 京都市西京区大原野上里北ノ町1262
営業時間 : 11時30分~22時00分(入店は20時まで)
定休日 : 月~木曜日の間で不定休

たけのこ日記


たけのこ(筍)の旬は?

旬という言葉は食材によく使われる。

 

「旬」とは10日間という意味があり、竹の子は10日で成長することから

この字に竹冠をつけて「筍=たけのこ」と漢字になっているとあります。

これはたけのこ(筍)は旬に食べるものかと思っていた。

 

以前、先代の亭主、嘉三郎さんにたけのこ(筍)の旬はいつ頃ですか?

と、聞いた事がある。先代はいつもの人なっこい笑顔でこうこたえた。

 

「そうやなぁ。そこの桜の花が満開になって、散る頃からつつじの花が

見ごろになるころやなぁ。」

 

また、先代はこうもいった。

 

「そやけど、一番はいいのは たけのこ(旬)にきくのがいいんや。」

と、手にしていた白子のたけのこ(筍)を私の顔にちかづけた。

 

たけのこ(筍)収穫の盛りになると 掘りたてのたけのこ(筍)からは

独特の香りがする。なんともいえないフルーティな甘い香りだ。

 

 

先代が言っていた目印となる玄関先のソメイヨシノの桜木は数年前、

道路の拡張で切られ、今はない。

 

でも、私には今でも満開の桜をみると、たけのこのあの甘い香りを

思い出さずにいられない。あれこそ たけのこの旬の香りだと

先代の声まで聞えてきそうだ。

 

今年も 桜の見ごろの季節になった。

 

 

莞鳴

 

コメントを書く


投稿する

今旬のお料理:たけのこ(筍)料理
今旬のお料理 たけのこ(筍)料理
たけのこを味わう季節限定の味覚

うお嘉で味わう旬の味覚

うお嘉店舗情報

交通案内(アクセス)はこちらから
交通案内(アクセス)はこちらから

たけのこ(筍)料理の老舗京都 うお嘉

〒610-1121
京都市西京区大原野上里北ノ町1262

営業時間 :
11時30分~22時00分
(入店は20時まで)

定休日 :
月~木曜日の間で不定休

TEL:075-331-0029
FAX:075-331-2775

  • ■名神京都南ICより約35分
  • ■JR京都駅より約30分(最寄り駅:
    JR向日町駅、阪急 東向日駅)

オンライン予約

ページの先頭へ

うお嘉 モバイルサイト

うお嘉 モバイルサイト

携帯電話からも「うお嘉」の情報をご覧頂けます。
QRコード、または左記URLを直接ご入力ください。

https://www.kyoto-uoka.co.jp/m/

Powerd by Vital Service, Inc.