たけのこ (筍) 料理の店 京都 うお嘉

〒610-1121 京都市西京区大原野上里北ノ町1262
営業時間 : 11時30分~22時00分(入店は20時まで)
定休日 : 月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

たけのこ日記


日本に唯一の虎斑竹

土佐の高知には坂本龍馬先生だけでなく、

貴重な竹がある。

高知の須崎市安和のわずかな谷あいの竹やぶにしかできないもので、

竹の表面が虎の皮状になっているので虎斑竹(とらふだけ)と呼ばれる。

その特殊な文様は江戸や上方の数寄者に貴重がられ、

江戸時代に土佐藩の山内家が秘密にしておいた場所で、明治まで生息場所を知るものは

高知でもごくわずかだったといわれる。

その竹を他の場所に移植しても、同じような虎の文様柄ができず、その場所にしか取れない。

現代科学でもその竹の文様が何故でそのエリアだけにできるか解明されていない、

神秘的な場所であり、竹なのだそうだ。

あまりの貴重さに世界からも注目され、イギリスのBBC放送が取材に来て、

ミラクルバンブーと賞されたそうだ。

今回は うお嘉の常務と若女将が現地に乗り込み、虎斑竹を扱う、「竹虎」の四代目社長に山岸義浩氏にお願いして、

その貴重な虎斑竹の育つ山に入らしていただき、竹製品になるまでの工場を見学させて頂いたおりの貴重な写真を掲載した。

竹の持つ 不思議な魅力には今の現代科学でも解明できない事実を知り、

ますます竹について知りたくなった。

そして、日本人が忘れていた竹との関係をもう一度知りたくなった。

竹虎 四代目山岸社長(真ん中)と記念撮影・高知・須崎

取材協力頂いた竹虎さんのHP(楽しくて、とても勉強になります。おすすめします)

http://www.taketora.co.jp/taketora/ta0002.html?grid=top_gNavi

莞鳴

コメントを書く


投稿する

今旬のお料理:たけのこ(筍)料理
今旬のお料理 たけのこ(筍)料理
たけのこを味わう季節限定の味覚

うお嘉で味わう旬の味覚

うお嘉店舗情報

交通案内(アクセス)はこちらから
交通案内(アクセス)はこちらから

たけのこ(筍)料理の老舗京都 うお嘉

〒610-1121
京都市西京区大原野上里北ノ町1262

営業時間 :
11時30分~22時00分
(入店は20時まで)

定休日 :
月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

TEL:075-331-0029
FAX:075-331-2775

  • ■名神京都南ICより約35分
  • ■JR京都駅より約30分(最寄り駅:
    JR向日町駅、阪急 東向日駅)

オンライン予約

ページの先頭へ

うお嘉 モバイルサイト

うお嘉 モバイルサイト

携帯電話からも「うお嘉」の情報をご覧頂けます。
QRコード、または左記URLを直接ご入力ください。

https://www.kyoto-uoka.co.jp/m/

Powerd by Vital Service, Inc.