たけのこ (筍) 料理の店 京都 うお嘉

〒610-1121 京都市西京区大原野上里北ノ町1262
営業時間 : 11時30分~22時00分(入店は20時まで)
定休日 : 月~木曜日の間で不定休

たけのこ日記


通人が5月の竹の子を好む訳。

江戸っ子はなんでも走り(ではじめ)を好む。

勝気で粋な江戸っ子はなんでも一番初めが縁起が良いとしているからだ。

食べ物でも走りを食べると長生きできると縁起をかつぐ。

さて、一方、上方(関西)のあきんどは 旬 にこだわる。

旬の食べ物は美味い上に 大量に出回り、価格も安くなる。

大阪のあきんどは安くて美味いものが一番 お得だと思うからです。

では そのどちらにも属さない 風流な通人はと申しますと、

名残りものを好むそうです。

名残りものとは 旬である盛りを過ぎたころ

いいものが残りわずかな頃の物。

通人がそれを好むのは

名残り惜しい せつない もののアワレ を感じるからか?

5月の竹の子は名残りの竹の子といわれるが、

旬のもの以上に繊維が強く、歯ごたえもあり、栄養分も高い。

体に(特に腸に)良い成分が豊富なのだ。

そして、うつ病にもよいとされるアミノ酸のチロシンを大量に含むのである。

俗な世界を嫌う通人はどこかひきこもる癖がある。

通人が5月の名残りの竹の子を好む訳はそこにあるのかもしれない。

つつじの花がきれいな5月、まさにさつき晴れな京である。

家にひきこもらないで出かけてみよう。

莞鳴

DSC_1139

 

コメントを書く


投稿する

今旬のお料理:たけのこ(筍)料理
今旬のお料理 たけのこ(筍)料理
たけのこを味わう季節限定の味覚

うお嘉で味わう旬の味覚

うお嘉店舗情報

交通案内(アクセス)はこちらから
交通案内(アクセス)はこちらから

たけのこ(筍)料理の老舗京都 うお嘉

〒610-1121
京都市西京区大原野上里北ノ町1262

営業時間 :
11時30分~22時00分
(入店は20時まで)

定休日 :
月~木曜日の間で不定休

TEL:075-331-0029
FAX:075-331-2775

  • ■名神京都南ICより約35分
  • ■JR京都駅より約30分(最寄り駅:
    JR向日町駅、阪急 東向日駅)

オンライン予約

ページの先頭へ

うお嘉 モバイルサイト

うお嘉 モバイルサイト

携帯電話からも「うお嘉」の情報をご覧頂けます。
QRコード、または左記URLを直接ご入力ください。

https://www.kyoto-uoka.co.jp/m/

Powerd by Vital Service, Inc.