たけのこ (筍) 料理の店 京都 うお嘉

〒610-1121 京都市西京区大原野上里北ノ町1262
営業時間 : 11時30分~22時00分(入店は20時まで)
定休日 : 月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

たけのこ日記


RSS

たけのこ日記
たけのこ(筍)にまつわる事柄やうお嘉での日々の出来事を徒然なるままに書き留めていきます。

うお嘉 おすすめコンテンツ

  • うお嘉レシピ
  • うお嘉の歴史
  • うお嘉を訪れた文化人の芳名録
  • 周辺名所のご案内
  • 京都のほんまもん お土産
  • うお嘉の掲載誌
2013年 04月の記事一覧

美味しい竹の子は天地人の恵み

「美味しいものには理由(わけ)がある。」という言葉があるが、
美味しい竹の子が採れるには理由はあるのだろうか?

大原野・大枝の周辺の竹藪を巡り、出た結論は

「天地人の3拍子!!」

天・・・・天候や気候の条件 
地・・・・地形や土壌・土質 
人・・・・代々継承された農法と愛情とプライド

この3つの要素が重なり合い、生まれた竹の子は格別なのだと感じます。
これらの要素を例えるなら、ワイjンでいうところのテロワール(生育環境)ですね。

自然に良いワインのブドウができないように竹の子も自然だけではダメです。
同じ地域でも土壌が違うと竹の子の味もちがいます。
また、逆に人間の力だけでもダメなんです。雨が少ないと・・・。

昨日降った雨は竹の子農家の方にはまさに天の恵みでした。
そろそろ降って欲しいと思っていたところでした。
この雨で、乾いていた土に雨が沁みこみ、竹の地下茎が土の養分と水分を吸収して、
さらに竹の子をたくさん産んでくれます。

自然と土地と人の融合された天地人 この三要素があり、美味しい竹の子が存在するのです。

まさに貴重な存在なのです。

是非、この自然と人の営みの融合を世界遺産にするべきと思います。

竹の子大使 莞鳴

竹林栽培のフォトムービー

今旬のお料理:たけのこ(筍)料理
今旬のお料理 たけのこ(筍)料理
たけのこを味わう季節限定の味覚

うお嘉で味わう旬の味覚

うお嘉店舗情報

交通案内(アクセス)はこちらから
交通案内(アクセス)はこちらから

たけのこ(筍)料理の老舗京都 うお嘉

〒610-1121
京都市西京区大原野上里北ノ町1262

営業時間 :
11時30分~22時00分
(入店は20時まで)

定休日 :
月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

TEL:075-331-0029
FAX:075-331-2775

  • ■名神京都南ICより約35分
  • ■JR京都駅より約30分(最寄り駅:
    JR向日町駅、阪急 東向日駅)

オンライン予約

ページの先頭へ

うお嘉 モバイルサイト

うお嘉 モバイルサイト

携帯電話からも「うお嘉」の情報をご覧頂けます。
QRコード、または左記URLを直接ご入力ください。

http://www.kyoto-uoka.co.jp/m/

Powerd by Vital Service, Inc.