たけのこ (筍) 料理の店 京都 うお嘉

〒610-1121 京都市西京区大原野上里北ノ町1262
営業時間 : 11時30分~22時00分(入店は20時まで)
定休日 : 月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

たけのこ日記


RSS

たけのこ日記
たけのこ(筍)にまつわる事柄やうお嘉での日々の出来事を徒然なるままに書き留めていきます。

うお嘉 おすすめコンテンツ

  • うお嘉レシピ
  • うお嘉の歴史
  • うお嘉を訪れた文化人の芳名録
  • 周辺名所のご案内
  • 京都のほんまもん お土産
  • うお嘉の掲載誌
2014年 01月の記事一覧

たけのこを巡る冒険 その6

ずいぶんと間があいてしまったが、2年前の秋に全国竹会議に出席することがあった。

大阪市内で開催されたのだが、多くの竹材業者の方や竹の研究やアーティストの方と交流する機会に恵まれた。

竹についての様々な角度からの講演があり、意外に知らないことばかりで竹の奥深さを知る。

いつも竹を目にしているのだが、竹について考えることは少ない。

現代人の竹の知識はとぼしく、春に伸びるとか 食べれる とかぐらいだと思った。

竹製品に関しても目にしてる割にどのようにしてつくるのか知らない。

我々 日本人はいつのまにか 竹 のことを忘れてしまったようだ。

食べる方はそうでなく、いまだ健在かと思っていたが、昨年の福岡県八女市で開催された全国竹会議では若い世代の竹の子離れがはげしく、

たけのこの食育をすすめないといけないと議題にあがったほどだ。

竹の子をめぐる冒険は竹の子の食育へもその道をすすめるべきかと思う。

 

莞鳴

竹と正月風景

寒中お見舞い申し上げます。
明日1月20日は大寒。
その前日に京都では雪が降り積りました。
昔の暦や節は不思議とそのようになるものですね。

小生はお正月の元日を京都でむかえ、その日のうちに東京に移動しました。
銀座にて歌舞伎をみるためです。
歌舞伎の初級者の私は見どころがわからず、ただただ、呆然と眺めていました。
イヤホンガイドを借りたらよかったと後悔気味に見ていると。
忠臣蔵の外伝(スピンオフ)的な話「松浦の太鼓」の中で 歌舞伎役者扮する討ち入りの志士のひとり大高源吾が、
竹売りとして登場するシーンがあった。
江戸の元禄の頃、竹を行商で売る商売があったんだと歌舞伎で知る。
それにしても忠臣蔵の討ち入りは冬。江戸の人々は太い竹を何に使うのかな?とおもっていたところ。
京都に戻り、うお嘉に訪れるとすぐにわかった。
門松か!!

この門松は4代目うお嘉の主人のハンドメイドだそうだ。
代々、門松を自らの竹林の竹を使いつくるのが恒例行事。
4代目は赤穂浪士のごとく忠実に門松を毎年つくるのだそうだ。

そういえば、その歌舞伎の演目の話のなかで竹を売る忠臣蔵の志士は歌の師匠、宝井其角より、歌の付け句をとお題をだされる。
「年の瀬や 水の流れと人の身は」と其角が詠む。
そして、源吾の返した付け句がこの物語のキーとなる、
明日待たるる その宝船
この歌の下句は まさに念願の討ち入りの日が明日であると意味している。
しかし、その時 師匠の其角は歌の意味がわからず、最後の場面で松浦の殿様がその付句の意味を悟るところで、
忠臣蔵で有名な山鹿流陣太鼓が鳴り響くというあらすじ。
なんでもあとあとに真相は明らかになるものなのだ。

たけのこを愛する皆様にとって「この春 またるる 竹の子料理」となるのではないでしょうか?
この春はたくさん良い竹の子が出ますようにと忠臣蔵の志士の忠孝を讃えながら祈ります。
そして、 私は志士は志士でも さしずめ猪肉(ししにく)を食らうのがせいぜいでござる。
たけのこ畑を荒らす憎きイノシシ「吉良を討ち取ったり!!(」どんどん!!山鹿流陣太鼓。)荒らされた農家の方に代わって仇討とばかり全部たいらげました。
京都 美山で頂いた猪肉 美味しかったです。 

こんな具合で今年も続けてまいります。
本年もたけのこ日記よろしくお願い致します。

合掌

莞鳴

今旬のお料理:たけのこ(筍)料理
今旬のお料理 たけのこ(筍)料理
たけのこを味わう季節限定の味覚

うお嘉で味わう旬の味覚

うお嘉店舗情報

交通案内(アクセス)はこちらから
交通案内(アクセス)はこちらから

たけのこ(筍)料理の老舗京都 うお嘉

〒610-1121
京都市西京区大原野上里北ノ町1262

営業時間 :
11時30分~22時00分
(入店は20時まで)

定休日 :
月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

TEL:075-331-0029
FAX:075-331-2775

  • ■名神京都南ICより約35分
  • ■JR京都駅より約30分(最寄り駅:
    JR向日町駅、阪急 東向日駅)

オンライン予約

ページの先頭へ

うお嘉 モバイルサイト

うお嘉 モバイルサイト

携帯電話からも「うお嘉」の情報をご覧頂けます。
QRコード、または左記URLを直接ご入力ください。

http://www.kyoto-uoka.co.jp/m/

Powerd by Vital Service, Inc.