たけのこ (筍) 料理の店 京都 うお嘉

〒610-1121 京都市西京区大原野上里北ノ町1262
営業時間 : 11時30分~22時00分(入店は20時まで)
定休日 : 月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

たけのこ日記


RSS

たけのこ日記
たけのこ(筍)にまつわる事柄やうお嘉での日々の出来事を徒然なるままに書き留めていきます。

うお嘉 おすすめコンテンツ

  • うお嘉レシピ
  • うお嘉の歴史
  • うお嘉を訪れた文化人の芳名録
  • 周辺名所のご案内
  • 京都のほんまもん お土産
  • うお嘉の掲載誌
2013年 09月の記事一覧

たけのこをめぐる冒険の途中

冒険にはつねに発見という喜びがある。

たけのこをめぐる冒険をすすめて、小生なりに掴んだ発見がある。

それは 食の大切さだ。

と、これはあまたの先人の言葉だ。

ではこうならどうだろう。

我々が食の大切を間違って教えられているといったらどうだろう。

さらに極論をいえば、

その食の大切さが政治的に経済的にコントロールされているとしたらどうだろう。

食文化を低下させ、そこに住む人々の健康や活動を低下させる戦略めいた話である。

京都の竹の子がなぜ美味しいのか?それを突き詰めていくとこんな着地点にたどり着いた。

話が長くなりそうなので、途中は割愛しますが、明治維新以降の日本の食生活は徐々に悪くなっています。

まずは 大正時代以降の国家指導による農業政策が日本の農耕の土を悪くしていったこと。

江戸時代の農耕文化や食文化は決して悪いものでなく、昭和以降のケミカル(化学的)な肥料を大量に導入して、
土をさらに痩せさせたことは一般に知られていません。

小生は京都の竹の子の栽培が江戸後期の方法をかたくなに守っている事実を知り、農業の土に関する変遷を知ったのです。

簡単にいえば、江戸時代の農法のほうが、土が活性化して、いい野菜(ここでいうのは体にやさしい野菜)が出来るのです。

事実、京都の竹の子と隣国の中国や九州の竹の子の大きな違いはその土の歴史だと考えるからです。

これは極論ですが、竹の子にあった土壌を育む江戸時代の農法は他の野菜でも同じように、美味なものを生むのです。

この話は小生ひとりのものでなく、バイオ学者の間でも言われている事実です。

ある大学の先生から「昔の方が野菜が甘かった。これだけバイオ技術や農業技術の向上が目覚ましくても、戦前のような美味しい甘い野菜はたべれないのは、
日本の土に問題があるからなのだ。」と聞かされました。

さて、さらに誤解をおそれずに話をすれば、日本の食文化はある時代をさかいに大きく変化しました。

学校給食が開始し、多くの子どもがパンや牛乳を飲まされ、ジャムやバターを摂取することになったことです。
そして、おまけでデザートという食文化も導入されました。

ある時代とは?そう、戦後です。それも敗戦後 GHQの指導のもと日本の戦後世代は50年ぐらいかけて、アメリカナイズされました。

しかし、当のアメリカでは50年たつと敗戦国の日本の古き食文化を高く評価しています。

不思議なことに勝者国が敗戦国の食文化を導入し、敗戦国が勝者国の食文化漬になっている事実が存在するのです。

これはアメリカが日本の研究し、日本の豊かな食が日本の文化や経済力の強さで根源的要素だと辿りついたことを裏付けています。

豊かで健康な食文化で育まれた人々の国はそうでない人々の国より総合的に国力が勝ります。

だから、勝者であるアメリカは日本の若者に体に良くないが味覚としておいしく感じる食品群をたべるように教育し、
その根源である農耕の土や沿岸の海水をケミカルなもので汚染していったのです。(正確には汚染するような経済政策を促したのです。)

そして、そのことを公表せず、ひそかに、そして、じっくりと時間をかけたのです。まさに周到で利己的な長期戦略=教化政策です。

事実、今の農法の基本はGHQの指導によるものであることは意外と知られていません。

また、京都の農家の方々があくまでの古来の農法を大切し、GHQの教化政策に従わなかったことが、京野菜の美味しさの理由だと知るよしもないでしょう。

京都の竹の子は私にそのこと教えてくれました。

調べれば調べるほど 私が述べることが事実であることの裏付けがでてきます。

江戸時代をさかのぼり、戦国時代に強かった国や軍には必ずと言っていいほど携帯の食べ物=兵糧がありました。

長期保存もでき、持ち運びに便利、体によく、健康によいもの 玄米 や 味噌 梅干しや木の根や芽など乾物類。

それらは古き良き日本のどこの食卓にかつてあったものです。

そして、今の日本の子どもたちが好んで食べるものとは全く違うものです。今の子どもたちが好むものはGHQがばらまいていたあの甘いお菓子の類です。

これだけダイエットを叫ぶ親たちも子どもにお菓子やアメリカのファーストフードを与えます。

矛盾の極みですね。

日本の食文化の変遷と国内の利己的犯罪の増加は決して無視できない相関性をもちます。

事実、アメリカでは脳科学の分野で、過度の糖質の摂取はドラック性のそれとかわらなく、脳が糖質の摂取を強要し、体に良くない量でもどんどん摂取するように命令を出す常用性を認めています。

つまり、それが肥満を生んだ結果です。肥満ならまだいいのですが、子どもたちの脳に与える問題です。

糖質の過剰の摂取は脳の大脳新皮質を肥大させ、頭はよくなるが利己的な面を強調するのだそうです。

現在の紙面やネットをにぎやかす若者の犯罪の傾向とオーバーラップしてみてください。

あながちまちがった推論でないことがわかると思います。

かつてのGHQの政策担当者たちはいまもご健在なのでしょうか?そだうだとしたら、ご自分たちの仕事が実に効果的に成果を上げていることに満足していることでしょう。

GOOD JOB と皮肉を言ってやりたい気持ちです。

彼らはその教化戦略で 日本人のもつ 絆 や おもてなし 自己犠牲 のかつて精神を弱体化させ少数派にした張本人たちです。

ちなみに GHQ は 今の CIA の前身であることもお忘れずに記憶してください。

私の冒険は単なる遊びではなく、ライフワークとして、この隠された歴史の扉を開ける喜びであります。

断っておきますが、私は決して 反アメリカでなく。アメリカ国民も騙され、躍らせてていることも十分に理解するものです。

そして、この冒険から 日本や世界の食文化を再度見直し、一部の利己的な教化戦略をとる手段と戦いたいと思います。

その手段は今年おこったシリアでの化学兵器の使用とかわらないのだとGHQのOB達に訴えたいのです。

お前たちは 日本をポエニー戦争後のカルタゴの土地のごとく塩まいて農作物のできない国に仕立て上げたのだと。

いくばくかの反省の念あれば、我々の失われた土譲と真実を返して欲しい。

あなた方がハンニバルの末裔なら、この意味が理解できるではないのか?と。

合掌

たけのこ大使 莞鳴

ダイエットと竹の子

最近、ダイエット食品のCMや記事を見ない日はないぐらいダイエット関連の商品があふれている。
美しさを求める女性のみならず、男性までもダイエットに励む。
小生も男性のダイエットブームに先駆けて、昨年、バナナダイエットに挑戦。
半年で10キロ減のダイエットに成功した。
確かに体重がへり、お腹周りはスリムになったのだが、
冬になり、やたら冷える。本来、冷え症でないのだが、単一の食品によるダイエットが原因で冷えやすい体になったのだとあとで知る。

竹の子の栄養の研究をしていて、ある本に出会い。単一食品のダイエットがいかに体に良くないかを知った。
ダイエットはもともと 単に体の体重を減らすことを意味しているのではないとも知った。
本当のダイエットの意味は日々の生活や食生活を豊かにすることだとも学んだ。
その上で個人にあった適正な体重をコントロールすることがダイエットの真意だとたどり着いた。
また、
その季節に自生する天然のもの時期、時期に食べることが一番体にいいのだとも知った。
春に出る竹の子も季節の変わり目の不安定になりやすい体にいい栄養素=チロシンを多く含む。
五月病とよばれる、春特有のウツ状態には脳内でドーパミンを発生しやすくするチロシンの成分とタンパク質が良いことが脳科学の分野でも発表されている。
冬から目覚め、夏へと移行する体や脳を活性化させ、行動を促す成分が竹の子や春の野菜には含まれてるのだ。

だから、春にでる竹の子を春に食すことはダイエットの観点からも正解なのである。

また、夏にとれる野菜も体の熱をとり、水分やミネラルを多く含んだものが多い。

秋は食欲の秋といわれ、夏の疲れを癒し、冬に向けて体に必要な栄養分をとる必要があるので木の実や果実など、
薬膳に使用される類のものが多い。また、秋の木なるものは腸内細菌が活動しやすい時期でもあり、体の健康を整えるための成分を含むものが多い。
だから、体内が活性化され余計に食べてしまうのだ。

そして、冬は根菜野菜を中心に体を内部から温める、滋養の多く含むものが多い。

思えば 季節ごとに素材を変える会席料理はもっともダイエットの本来の意味に近い料理なのだ。
日々の食事は季節のものをすこしづついろいろな種類をとるべきで、会席料理はそのことを基本としている。

春には春のもの
夏には夏のもの
秋には秋のもの
冬には冬のもの

そして、化学的につくられたものでなく自然と人が育む体にやさしいものを食すことが本当のダイエットだと小生は体で実感した。

昔、絵本で「ネズミの嫁入り」というお話を読んでもらった。年頃の娘をもった親ネズミがこの世で一番強いものに娘ネズミをとつがせるのでお婿さん探しをするのだが、
最後は隣の青年ネズミが一番ふさわしいと知る話だったと記憶している。
ダイエットとは特別なことでなく、日本食材や食習慣を見直すことと親ネズミではないが思い知る。

合掌

莞鳴

台風18号により被災に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

先日の台風18号により多くの方々が被害に遭われた。
被災された方、お身内の方にお見舞い申し上げます。

改めて自然の驚異を真のあたりにして驚いております。
竹にとっては秋の雨は必要ですが、人にとっては過ぎたる降雨は災害となります。

屋根の瓦まで飛ばす突風にはさすがのしなやかな竹にもよくなく、
地下茎のブチを痛めます。

今後、あのような台風が来ないようにお祈りしております。
人のためにも竹のためにも・・・。

合掌

莞鳴

秋の雨はとても大事

敬老の日を前にして。
せっかくの連休は台風18号の影響で全国的に雨模様。
家族でのお出かけの方は残念な天候ですね。

でも、竹にとっては大事な雨。
秋の降水量が豊富だと来年のたけのこの収穫がよくなる。
実は竹はこの秋に来年どれくらいのたけのこの芽をだそうかどうか?を秋の雨次第で決定するのだそうだ。
この時期にしっかりと雨が降らないと、竹は来年の春のたけのこのを出すのをひかえるのだという。

来年の春、たくさんの竹の子をだしてもらいたいので、秋にはしっかり雨を降らしてもらいたい。
できれば、お出かけの予定のときは晴れてもらいたいのだが・・。
自然には我々の都合は通じないので、竹を見習い、気象条件にうまく適応するしかないかもしれない。

莞鳴

今旬のお料理:たけのこ(筍)料理
今旬のお料理 たけのこ(筍)料理
たけのこを味わう季節限定の味覚

うお嘉で味わう旬の味覚

うお嘉店舗情報

交通案内(アクセス)はこちらから
交通案内(アクセス)はこちらから

たけのこ(筍)料理の老舗京都 うお嘉

〒610-1121
京都市西京区大原野上里北ノ町1262

営業時間 :
11時30分~22時00分
(入店は20時まで)

定休日 :
月~木曜日の間で不定休(夜は予約のみ)

TEL:075-331-0029
FAX:075-331-2775

  • ■名神京都南ICより約35分
  • ■JR京都駅より約30分(最寄り駅:
    JR向日町駅、阪急 東向日駅)

オンライン予約

ページの先頭へ

うお嘉 モバイルサイト

うお嘉 モバイルサイト

携帯電話からも「うお嘉」の情報をご覧頂けます。
QRコード、または左記URLを直接ご入力ください。

http://www.kyoto-uoka.co.jp/m/

Powerd by Vital Service, Inc.